コーヒーを飲む男性

kubernetes等のOSSを使ってコスト削減

ソフトウェアを一から構築するのには多大なコストがかかります。ソフトウェア開発に限ったことではありませんが、ものごとをゼロから作り上げるのと既にあるものに修正を加えて新しいものを完成させるのでは後者のほうが圧倒的に低コストで完成度の高いものが仕上がります。
OSS、つまりオープンソースソフトウェアの利用はソフトウェア開発において大きな課題のひとつである開発コストの削減につながります。OSSは多くのユーザーが参加することによって有益なコードが多数提供されています。ソフトウェアを構築する際にも提供されたコードを自由に利用できるので一からコードを書く手間が減り、開発の費用と手間を大きく削減できます。提供されているコードは既にテストを終えて実装実績のあるものばかりなので安定性に関しても一からコードを書くのに比べると圧倒的に高くトラブルリスクの回避にも効果的です。
まだ誰も提供していない新規のコードについては自分で作成する必要がありますが、作成作業では公開されているさまざまなコードを参考にできるので負担は大幅に軽減されます。独自に書き上げたコードをOSSに提供すれば第三者である善意のユーザーによってチェックされるのでテストのコストも下がり、さらに洗練された新しいコードの作成にも繋がります。

最新の情報

最新記事一覧

Top