コーヒーを飲む男性

企業やエンジニアがkubernetes等のOSSを公開する理由

オープンソースソフトウェアの中には商用ソフトウェアとして販売しても十分利益が見込めるのでは?と思えるほどの完成度のものが少なくありません。利用する側からしてみれば素晴らしいソフトウェアや優れたコードを無償で自由に利用できるのはとてもありがたいことですが価値あるソフトウェアを無償で公開しても大丈夫なの?と心配になる気持ちもあります。なぜOSSを開発した起業やエンジニアは価値あるソフトを無償で公開するのでしょうか。
OSSを公開する理由はいくつかありますが、企業側にとって大きな理由のひとつが知名度の向上です。OSSを自社をアピールするためのツールとして考えれば無償公開のコストが宣伝費ということになります。優れたOSSによって高まる自社の評判は商用ソフトにしないことで失われる利益と相殺しても十分もとがとれるものであり、企業としては結果的に知名度という大きな利益が得られるからこそOSSを公開するという判断をしています。
知名度の向上は開発に携わるエンジニアにとっても大きなメリットです。エンジニアとしての技術力のアピールになるので転職を含むキャリア形成で有利に働きます。OSSの実績をもとにキャリアアップを成功させたエンジニアは無償公開から最終的に利益を得ています。

最新の情報

最新記事一覧

Top