コーヒーを飲む男性

kubernetesなどのOSSはライセンス無償でコストが浮く

多くのユーザーたちの協力によって成り立つオープンソースソフトウェアの魅力といえばなんといってもライセンスが無償で利用できることです。
事業用コンピューターソフトウェアの中にはライセンス料だけで数十万円かかるものも珍しくありません。必要な出費と言ってしまえばそれまでですが予算が限られる中で決して安くはない負担です。そんな中にあってOSSは無償利用が基本です。ソースコードのオープン化など一定のルールを守っていればライセンス料無償で利用できるので負担が重くなりがちなソフトウェア開発コストを大きく削減することができます。
ライセンスが無償といっても基本性能が劣るわけではありません。OSSの基本はオープン化と相互利用であり、基本理念を守って参加している限り無償利用であっても十分に実用として使える性能が期待できます。OSSによっては商用ソフトよりも高機能、多機能なものもあります。ライセンス料が無償なことと合わせて将来性や拡張性の広さまで考えればさらに大きなコスト削減効果が期待できます。
無償ライセンスに対しては技術的なフィードバックで恩返しするのがOSSの基本理念です。一ユーザーとしてOSSをさらに便利に使いやすくする気持ちを大切にして無償利用してください。

最新の情報

最新記事一覧

Top